2016年01月08日

永遠の愛は誓いません

こちらも、韓国の漫画です。

絵は綺麗なんだけど、フルカラーで白人でもないのに瞳が青とか紫はちょっと?

社長令嬢である二階堂馨が祖父から、結婚を強制されます。

馨は、祖父から働くことを禁じられていましたが、結婚相手が新入社員として入社すると知って、新人研修に男装して参加します。

新人研修にはイケメンの森直人とデブの森直人がいます。

デブの森直人に、主人公が接近すると、ブサイクだけど、デザイナーとしての才能に溢れています。

その為、馨の見る目も変わりますが、2人の森直人は、馨を男性だと思っているのに、恋に落ちます。

新人研修中に祖父の状態が急変したと連絡が入ります。

新人研修を途中で辞めて、退職届けを出します。

それから、半年後、祖父に一年間の期限付きで祖父の会社で働くことを許されます。

何故、ここで半年空くのか、その理由は?

デブの森直人が痩せてイケメン化する為です。

ヒロインも美人ですが、イケメン森直人も美形です。

「嫌いは好きよりモノを言う」より、韓国テイストは少なく、主人公は仕事もきっちりしています。

まだ完結していないのですが、馨の見合い相手であり、小さい頃に対立していたのはイケメンの森直人でした。

嘘をついていた馨も悪いけど、初恋の相手の名前忘れる森直人もいかがなものかと…?

主人公は、素直に自分の気持ちを伝えますが、イケメン森直人はずっと嘘をついていた主人公を信じられないとごねています。

一回、アメリカに帰って、「君のいない生活は耐えられない」とか言って帰って来るのかな?

馨と結婚すれば社長の椅子が用意されていて、初恋の相手で、男でも構わないと決心するほど好きな相手でも、嘘は許せないものなのか?

小さい頃、豚で意地悪だった森直人と、見た目に反して性格のきつかった馨。

馨が初恋相手というのも、不思議。

容姿以外取り柄なかったけど?











posted by RUI at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

嫌いは好きよりモノを言う

コミックシーモアの読み放題で読みましたが、韓国の漫画なんです。

だから、焼肉とかお粥のさじとかそのまま韓国です。

豚足とワインの組み合わせなんて、家飲みでしてないですよね?

主人公が従姉妹の身代わりでお見合いして、その相手宮原弁護士が主人公の働く弁護士事務所で働くことになります。

主人公は以前から瀬戸弁護士に憧れていますが、瀬戸弁護士はかつて宮原弁護士の婚約者を奪った過去があります。

最初、私はもう一人出て来る美人弁護士がその元婚約者だと勘違いしましたが、彼女の後輩が元婚約者でした。

面白いと言えば面白く、ドラマ化しやすい(特に導入部分)と思います。

主人公の家族がゴチャゴチャ出て来るところとか、韓流ドラマにあるあると思ってしまいました。

ただ、瀬戸弁護士が何故、主人公と付き合ったのかわからなくて、宮原弁護士は瀬戸弁護士に対してしこりは無くても、瀬戸弁護士は宮原弁護士に対して対抗意識があって、邪魔をした感じかな?

宮原弁護士も主人公のどこが好きなのかわかりません。

瀬戸弁護士は、「宮原弁護士は元婚約者と結婚する気はなかった」と主人公に説明しましたが、宮原弁護士の現在住んでいるマンションは結婚して二人で住む為に買ったマンションだと思います。←元婚約者が壁紙は自分が選んだと言っていたので


元婚約者を瀬戸弁護士に略奪された時は激怒しなかったのに、瀬戸弁護士が主人公を二股かけた時には殴り合いをしています。

そこまで怒るなら、いつ好きになって、どこが好きなのかわかるような場面を入れて欲しいです。

現時点では、まだ完結していません。

韓流ドラマだと一回くっついて、別れて、ヨリを戻すパターンがあるので、そうなるのかな?


コミックシーモアの読み放題ですが、古い作品が多いのかと思っていましたが、偏っていて、私はほとんど知らない漫画家さんばかりです。

読みたい作品があれば、アタリだと思います。






posted by RUI at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

恋のマイナス1センチ

ダイエットをテーマにした漫画なんだから、仕方ないのですが主人公が全くダイエットの知識が無くてイライラします。

女性雑誌を読んでいれば、ダイエットの特集があるから、全く何も知らないなんてことはありえないはずです。

主人公がデブでオシャレ出来ないから、ファッション雑誌は読まないとしても、テレビでやってます。

主人公はダイエットの知識がないし、甘えているし、ムカつきます。

主人公みたいな女子と同じ会社で働いていたら、虐めてしまいそう?

甘いお菓子をぱくつく姿を刺すような視線で見てしまう自信があります!

「明日出荷される豚が餌を食ってるんだ!」と心の中で唱えているかも?

私の場合は、母親が糖尿病になった為、食事療法を間近で見ています。

だから、余計にダイエットの知識もないくせに「痩せたい」と言い、甘いお菓子を止めない主人公に「お前に『痩せたい』と言う権利はない!」と言ってやりたい!

ダイエットの本は買って読むけれど、ダイエットは続かない人を責める気はないです。

私もそうですから!

主人公の場合は、ぽっちゃりじゃないから!

制服のサイズがないなら、17号以上のはず!

制服の管理とかしていたので、わかりますが、市販のものならば15号まではあります。

結構、大柄な子が15号サイズ入ってましたから、明らかにデブの範疇に入ります。

バストが1m以上ありそうな子が15号入ってました。

デブでも人柄は良さそうに見えるけど…?

そんな体型でダイエットの本も読まず、カロリーも考えず、食べたいだけ食べて、「痩せたい」とか「恋したい」とか言わないで欲しいです!

それだけ太っていたら、ちょっと食生活を改善したら、1カ月で5kg位痩せますよね?

どうせ、痩せて可愛くなって恋愛もうまくいくのでしょうが、この主人公は苦手!












posted by RUI at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする